「住む」より「楽しむ」。BESSの家|自転車のある暮らし

BESSでは、「住む」より「楽しむ」スタイルの家をテーマにいろいろなシリーズを提案されています。
駒ヶ根にも展示場があり、今回ご縁があって展示のお手伝いをさせて頂きました。
わたしたちが携わったのは「ワンダーデバイス」というタイプのお家。

今季のワンダーデバイスは 「自転車とアウトドア好きの旦那さん」と
「スタイリストの奥さん」がオーナーさんというイメージでお部屋を作るとのこと。
CLAMPは旦那さんの部分を担当。

アウトドア好き、自転車好きってまさアウトドア好き、自転車好きってまさに店長の趣味の世界。
我が家はかなり道具だらけ(2人分なので余計に)なのですが
飾れるものは限られる中でも、リアル感はほしいなーとアイテムを吟味しました。

サングラスなどの小物は古道具のビンに収納してあります。見せる収納にも古道具のステンレス製ワゴンを。
玄関の土間部分は、 自転車の置き場所でもあり、メンテナンスゾーンでもあります。

新しいもの 古いもの、どちらが並んでいてもしっくりくる。
お取引先のメーカーさんにもご協力いただいたおかげで、とてもいい雰囲気に仕上がりました。

木の温かみと自然の光。
毎日の暮らしがわくわくするものになりそうな「ワンダーデバイス」です。


【ご協力いただいたメーカーさん】(敬称略)
エスエムジェイ、インターテック、野口商会、キャノンデールジャパン、アキ・コーポレーション、ピーアールインターナショナル、東商会、ライトウェイプロダクツジャパン


2014年夏にはじまった「自転車のある暮らし」プロジェクト。
現在、ログハウスの「BESS」、「工房信州(フォレストコーポレーション)」、両展示場にてCLAMPがお手伝いをさせて頂いています。

自転車やメンテナンス小物、アウトドアグッズなどが、自然にさりげなく溶け込んだおしゃれで居心地のよい生活空間、遊び心満載のくつろぎの住まいを、CLAMPが演出させて頂きました。
是非お出かけ下さい。

「自転車のある暮らし」は季節ごとに内容を変えながらご提案する予定です。どうぞお楽しみに。