【オーバーホール】フレーム&パーツ編

posted in: メンテナンス | 0

さてさて、前回はホイールのオーバーホールをご紹介いたしましたが、今回はフレームやコンポーネント等のパーツ類のオーバーホールのご紹介。
83074952_503103200398269_8835503302813679616_n
こちらが全てのパーツをバラした状態のフレーム。パッと見た感じはそこまで酷く汚れた状態では無いように見えますが、細かいところを見ていくと実はだいぶ汚れているのです。

そう、“見える所、手の届きやすい所”というのは自身でも洗車しやすいので比較的汚れていないのですが、僕たちは見える所はもちろん手の届かない所、自分ではやれない様なところまでしっかりと磨いていきます。

82427604_625012844988736_5925682424565465088_nパーツがフレームに装着された状態ではなかなか細かい所までの洗車はしにくいです。特にクランク、ボトムブラケット周りの汚れは落としにくい場所ですね。

クランク、ボトムブラケットをフレームから外すには専用工具も必要となってきますので、なかなか自分ではやりにくい所かもしれません。ただ逆を言うと、自分の使っているクランクやボトムブラケットを外す専用工具を持っていれば、ここまで外す事ができますので、日々のメンテナンスプラスアルファでご自分の自転車に手をかけてあげることも可能です。

当店では洗車グッズ、専用工具の販売やお取り寄せもいたしておりますので、自転車のメンテナンスや規格等でご不明な点があればお気軽にご相談ください。

82578019_1528961253923405_4667256341117534208_nさて、フレーム内、外の油よごれをキレイに落としワックスをかけてフレームをピカピカに仕上げました。ワックスをしっかりかけておくと汚れが付きにくかったり、汚れても落としやすかったり、細かいキズであればワックスをかけてあげると消える事もあります。

83499693_2526504690802432_4814654061028573184_nフレームがおわったら細かいパーツを洗浄していきましょう。こちらはフロントディレーラーです。フレームから取り外さないとフロントディレーラーの裏側はなかなか洗浄できませんよね。

82593121_166121914704386_6812761727180996608_nこちらはリアディレーラー。油汚れに埃がまとわりついてだいぶ汚れていますね。これでは変速性能も著しく落ちてしまいますし、故障の原因にもなります。

82368458_1378607625651991_8217190830104903680_nそんなリアディレーラーはここまでバラして洗浄しました。

82833567_215056372849226_2083497684785692672_nパッと見きれいに見えるSTIレバーも中は古いグリスと埃でドロドロっと固まって、うまく動いていませんでした。

変速レバーを動かした時に”スカッ”と抜ける様な感覚でうまく変速しない場合は内部の古いグリスが原因かもしれませんよ。

82401601_194290088361816_8309842427254931456_nこの様な流れで全てのパーツの分解、洗浄を終えたらチェーン、ブレーキシュー、ケーブル類、そして仕上げのバーテープ等の消耗品を交換しつつ再度フレームへ組み付けていきます。

83177733_522615008349088_9036650983655997440_n今年は異常な暖冬で、まだまだ自転車に乗りやすい日も多いですが今週からはぐっと冷えこみそうな予報が出ていますね。

そんなタイミングで春に向けて愛車のオーバーホールはいかがでしょうか?

フルオーバーホールで工賃¥28,000~(別途交換パーツ代)となっております。フルオーバーホール以外にもホイールやサスペンションフォークのオーバーホールやチューンナップ等、ピンポイントでの作業もお受けしておりますので、ご不明な点等あればお気軽にメカニックスタッフにご質問ください。

それではよろしくお願いいたします。