【スタッフブログ】高烏谷山 初詣ハイク

こんにちは。新春の伊那谷よりスタッフゆきこの初詣ハイクのレポートです。

「高烏谷山」といえばお店からも見える眺めのよい山の代表格。今回は伊那市と駒ケ根市の境目にある坂好きの自転車乗りの皆様が愛する「火山峠」があるのですが、そのすぐそばにある「高烏谷神社」から登ることに。
770269FD-14DA-4631-8C19-8E315623F7E8

まずは参拝。ここから登山道に入ります。
BB91808A-D38E-486D-8F46-4E5C791A05A8

冬の山の静けさを楽しみながら歩きます。今年は雪が少なく暖かいので持って行ったチェーンスパイクは使わずじまい。
C0408580-CD81-42F6-947A-A0003A1FC7A1
7E86B8AB-98E8-4F46-93EC-6BF5A6B8D287

緩急織り交ぜながら1時間ちょっとで山頂です。山頂は伊那谷一望。いつ来ても労力と絶景のバランスが素晴らしい。
F4704AF5-6006-4F5F-8F2B-2E847B1D7918

木の間からは甲斐駒、仙丈ケ岳もちらり。
F6F2D08C-9CCB-4E36-8283-25B93F6244F8

今回のハイクではRawLow Mountain Works のBambiとChubby Sackを試してみました。
D9849BD0-5386-4F80-A8CC-CF133A34CE07

Bambiは以前別の山でも使ってみたのですが上部が大きく開くことと背負った時の安定感、背負ったままでもボトルが取れるサイドポケットが魅力。
FEC375F4-D794-4658-826E-73E79502B90F
88F7E9BF-F901-4A89-ABF1-9AD07956AD05

今回はかさばる防寒着をまとめるのにChubby Sackを。生地の滑りが良いのでパッキングのしやすさが印象的でした。荷物の量に合わせて大きさを変えられるのもポイント。
8B368EA5-EA16-42A5-B9DB-D6D6FA4E9149

手持ち、肩掛けにもできるのでお風呂セットを持ち歩くのにもよさそうです。自転車旅でも使ってみたいと思います。
9D230D9F-A684-41FD-97B4-698F2D682476
34CD9BF1-19BD-468C-8BFF-957C3CD97561

防寒対策をしっかり整えた後は初詣登山のお楽しみ、ランチタイム。一緒に登った友人がお雑煮とローストビーフ、さらにおせちを持ってきてくれました。年末についたおもちを山で食べる最高の年明けです。
7C799F83-44DA-425C-8763-C04DDB90862F
780540D7-642E-40C0-9388-D8DF073EC00E

私はtrangiaのメスティンとメッシュトレイを使って野菜と豚肉を蒸してみました。なかなか上出来。
E6680627-BC1A-4F0C-A8DE-5E3F43BE5ECA
D897ACB8-1B94-4607-BB72-84AADE4D0022

風もなく絶景を眺めながら食後にはぜんざいをいただき、ほかほか暖かな時間を過ごしました。
40EF9E76-B411-4974-B20D-921C378FED12

今年も良い景色に出会えますように、そして怪我無くアウトドアを楽しめますように!
冬でも登れる近場の里山、必要な装備などお気軽にご相談くださいね。
DEDB5A63-0E7B-4398-AEFB-C7540CEA9066

 

【使用ギア】

[ウェア]
・トップス AXESQUIN /メグルキセツニ
・インナー point6 / Men’s base layer L/S MID Crew neck top
・グローブ HAND OUT GLOVES / LIGHT WEIGHT GLOVE 19-20
・リストゲイター Antarctica wrist gaiter

[バッグ]
・デイパック RawLow Mountain Works / Bambi
・スタッフバッグ RawLow Mountain Works / Chubby Sack