【スタッフブログ】自転車使ってテンカラ釣行

posted in: スタッフブログ | 0

たまには商品紹介だけでなくブログも書かなくては、CLAMPの釣り担当(笑) 鈴木です。店長たちがCMMの準備で忙しいさなか、気が引けつつもせっかくお休みをいただいたので、久しぶりに泊まりでのテンカラ釣行へ行ってきました。

今回使用したバイクはSURLYのLOWSIDE。ハンドルを同じくSURLYのMOLOKO BARに変更してツーリング仕様にアレンジ。一泊二日の荷物を自転車にパッキングし渓流を目指します。

IMG_4970

ベースに到着してまずは今日の寝床作り。今回は気候も暖かくなってきたのでハンモック泊を選択。夜は雨予報だったのでタープもしっかりセッティング。

IMG_4867IMG_4862
ハンモックは適度な間隔の木が2本あればどこでも張れ、手に収まるほどの大きさで軽量に持ち運べ、椅子にもなり、物を置いたり、濡れたものを干したり、もちろん夜はベッドにもなる魔法のギア。一度この浮遊感のある寝心地を味わうとその虜になってしまいます。

そして明るいうちに夜の焚き火のために薪集め。適度な小枝から大きめの落枝まで、火を大きくするのをイメージしながら薪を集め雨で濡れる前にタープの下へ。

IMG_4873

そこまで整ったら、ベースから川を目指します。まずは林道を自転車でアプローチ。自転車だと歩くより長い距離を楽に移動でき、渓流釣りは下流から上流側に釣り上がることが多いので、帰りは自然と下り基調になり釣れなくてがっかりの時も自転車でス~と下ってこれるので、渓流釣りのアプローチには本当におすすめです。

IMG_4969

川に到着したら釣りの準備。Rawlow Mountain WORKSのサドルバッグは、背負うためのストラップが内蔵されていて、そのままアタックサックとしても使えるので、食料など必要な道具を自転車から簡単に外して、背負って移動ができます。テンカラは道具も少なくコンパクトに道具を持ち運べるので自転車との相性も抜群です。

IMG_4986

休憩は川の水をろ過して淹れたコーヒーで。アルコールストーブで静かにお湯を沸かし、コーヒーミルで豆を挽き川のせせらぎを聞きながら木陰で飲むコーヒーは、普段飲むコーヒーとは違うおもむき。それぞれの作業と少しの不便さを楽しむアウトドアならではの時間です。

IMG_5601

釣果は小ぶりですがイワナがちらほら。日没までの数時間を川で過ごしベースに戻ります。

IMG_4992IMG_4975

ベースに戻ったら夕食の準備、今回の火器はPaago WORKSのニンジャファイヤースタンド。燃料を現地調達できるのと、丸めてフレームバッグの中にコンパクトに収納できるのでこれを選びました。

IMG_4873

昔聞いた話では「焚き火は山でのDVDプレイヤーみないなもの」とのこと。一人でキャンプをすると夜にやることがなく、早々に就寝することが多いのですが、焚き火があれば何時間でも過ごせます。火があると精神的に落ち着き、ガスなどを使用しないので薪さえあれば長時間の調理もでき、暖もとれ煙は虫よけにと、むしろDVDプレイヤーより便利で万能な気がします。

IMG_4917

晩ご飯は、焚き火台の上に網をのせて、お湯を沸かし熱燗とその横でなんでも炙って食べる「焚き火で熱燗、つまみは炙り放題」スタイル。薪の量や位置を調整し火加減をみながら、うまく火がつくたびに味わえる小さな達成感。途中雨も降ってきたので、タープの下に移動し薪は焚き火台の下に避難。チビチビとダラダラと3時間くらい。

IMG_4904 IMG_4913 IMG_4923

焚き火中はknogのヘッドトーチランタンをずっと使用していました。どちらもバッテリーライフは十分。ボタンでなくライトヘッドを捻るだけで簡単に操作でき、ヘッドライトは高照度で視界も良好。真っ暗な場所でも安心して歩けました。

IMG_5718IMG_4886

ヘッドライトでの照射イメージ、広範囲で視界もクリアです。ランタンは自立もするし、上から吊り下げるためのストラップも付いているので便利。
IMG_4888IMG_4934

時間も深まりうとうとしてきたので、ハンモックの中にマットと寝袋を敷いて就寝。夜は雨も強くなりましたが、幸い風もなかったので吹き込みもなし、ハンモックは空中に浮いているので地面からの跳ね返りもなく朝まで快適に寝られました。

IMG_4927

翌朝は前日が雨がウソのような快晴。朝食を軽くすませ釣りの準備。

IMG_4939 IMG_4940
昨日使ったknogのバッテリーは、出かける前にFlex Solarのソーラーパネルで充電。約6時間ほどので帰ってきたのですが、残量0にしておいたPWR Bank(M) 5000mAh がフル充電されていました。晴れていればかなり高効率で充電してくれそうなので、2泊以上の旅や縦走に行く際などはかなり重宝しそう。バックパックやバイクのハンドル周りなどに上手く付ければ、行動しながらの充電も出来そうです。

IMG_4954

準備は出来たのですが、あまりの天気の良さにハンモックで横になりまったり二度寝。釣りの時間が短くなってしまうとわかっていつつも、あまりの気持よさに起き出せないアンビバレンス。ハンモックからの景色は自然をダイレクトに感じられ、背中を抜ける風が気持ちよくこれまた絶品です。

IMG_4961 IMG_4964
30分ほど二度寝を満喫しknogのバッテリー並みに元気も充電されたのでここから渓流へ。午後までたっぷり釣りを楽しみ夕方に帰路へ。一回のお出かけで自転車・キャンプ・釣りがまとめて楽しめてしまうこんな遊びが出来る場所が、自転車で数時間の距離にあるのはほんとにいい場所だなと改めて思う今日この頃です。

IMG_4978IMG_4977 尺イワナ2

 

ブログのつもりがなんだかんだで商品の紹介たっぷりの内容になってしましましたが、今回使用したギアは全てCLAMPで揃いますので、自転車・キャンプ・テンカラなどなどご興味ある方はお気軽にご相談ください!