街乗りから旅まで、CMMやOMM BIKEにも【大型サドルバッグ】

前回のフレームバッグ編からの続きです。

フレームバッグでは収まらい荷物を持ちたい方はサドルバッグを候補に。容量は10L前後のものが多いのですが、装着の際はまずサドルとタイヤとのクリアランスをご確認ください。クリアランスが少ないとせっかく購入しても、下の写真のように装着できないこともあります。

 

IMG_E5380

 

TOPEAK/BackLoader
IMG_E5385
手ごろな価格がうれしい、パッキングデビューに最適なサドルバッグ。トップにバンジーコード、後面にはライトホルダーや多目的に使えるスリットが付き、防水バッグ付属でこの価格は驚きです。

 

Rawlow Mountain Works/Bike’n Hike Bag

IMG_E5383 IMG_E5391

バックパックにもなるハイブリッドサドルバッグ。バッグパックとしての背負いやすさも秀逸で、ハードなトレイルライドでもしっかり背負えます。輪行やBike to Hike、Bikefishingなど自転車から離れて荷物を持ち歩く使い方をする方にもおすすめです。

APIDURA/Dry Saddle Bag(M)

IMG_E5388
耐水性、耐摩耗性、耐引裂性、低伸縮性に優れた専用に開発された素材で作られた軽量防水サドルバッグ。各シームは溶接処理されており水の侵入を防ぎ、シートポストにあたる部分は滑りずらく、中のエアーは自然に抜ける作りになっているので荷物を入れた際、空気でパンパンになることもなくしっかしコンプレッションできるので、かなりの容量収納できます。

サドルバッグのパッキングのコツとしては、サドルバッグはサドルを支点に装着する性質上、重量の影響を受けやすいので、重いものはサドル側に、軽量でも嵩のあるものはバッグの先端側にいれると、比較的バランスよくパッキングできます。

重いものをバッグの先端側にいれると、バッグが折れ曲がりタイヤと干渉し、バッグに穴が開いてしまうこともあるのでご注意ください。

取り付けは、中身が少ないと揺れやすいのでバッグの容量いっぱいにしっかりパッキングし、シートポストに仮止め。レール部のストラップをサドルに密着するようきつく締め、最後にシートポスト側のベルトをしっかり締めると揺れにくく装着できます。

画像はOMM BIKEの必携装備。

IMG_E5364

  • フード付き防水ジャケット(シーム処理の施された防水製品に限る)
  • 防水パンツ(シーム処理の施された防水製品に限る)
  • インサレーション(ダウン・フリース等)
  • ライト&電池(8時間以上使用可)
  • ホイッスル&コンパス
  • 地図(大会主催者より供給)
  • ファーストエイドキット
  • エマージェンシーシート(袋状のものに限る)又は防水シェラフカバー
  • 非常食
  • ウォーターボトル・ハイドレーションパックなどの給水用具
  • バイク修理キット

 

IMG_E5407

※店頭には必携装備も各種取り揃えておりますので装備に関してご質問ある方は店頭にてご相談ください。

 

大型のサドルバッグなら、これらも十分収納可能です。

キャリアなどを使用しせず荷物を積載するバイクパッキングの登竜門的アイテム「大型のサドルバッグ」これがあることで日帰りツーリングから、オーバーナイトのキャンプツーリング、ハイクやフィッシングなど自転車と他のアクティビティを組み合わせた遊びまで、自転車で遊べる幅や行動範囲がぐっと広がります。もちろんOMM BIKEやCMMでの必携装備の携帯にも最適です!

商品の詳細・ご購入はコチラ
CLAMP ONLINE SHOP

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在CLANP主催のロゲイニングイベント【CLAMP MOUNTAIN MARATHON INA-VALLEY TATSUNO】の参加者を募集しています。

詳細はコチラ

http://clamp-bike.com/?p=8124

ロゲイニング初めての方、OMMに興味がある方、OMM BIKE/LITE参加予定で練習をしたい方、残念ながらOMM BIKE/LITEにエントリー出来なかったなどなど、皆様のエントリーお待ちしております!