【ブランド紹介】 TORAYA EQUIPMENT

こんにちは。トラヤのパンツに憧がれるスタッフゆきこです。
「welldone NAGOYA」さんと「TORAYA EQUIPMENT」さんの受注会、
【CLAMPのたびじたく】いよいよ来週末となりました。
昨日に続き今日はトラヤさんの受注可能アイテムとブランドのご紹介をさせていただきます。


〈TORAYA EQUIPMENT / 旅道具トラヤ〉

私たちは旅をするための道具をつくるメイカー “つくり手” です。これまで体験してきたことから生まれたアイデアから、思わず旅に出たくなるような、機能的で遊び心のある道具をつくっています。日本ならではのものづくりを大切にしながら、行商という古くからある対面販売をしています。
注文をいただいたら、一つひとつ丁寧に縫製をしています。環境に配慮した素材を選び、材料を無駄にしないことも大切にしています。
胸にぐっとくる、ものづくりへの思いとスタイルはこちらのHPをご覧ください。
http://toraya.equipment/

kv1_sp

毎日一緒にいたいアウトドアパンツ
人のカラダにはそれぞれ特徴がある。自分に合わせることができて、少しルーズなシルエット。わずらわしい荷物はポケットに突っ込んで、さあ、手ぶらで自由に歩きだそう。旅の相棒として、365日いつも共にいてもらいたい、そんな思いから365と名付けました。

IMG_7539 (2)

365の履き方
365にはボタンやファスナーはなく、和服を着るように巻いて履きます。帯や紐で縛るのではなく、ベルトが付いているので少し緩めることができ、トイレの際に困ることはありません。履き方は以下のとおりです。

1.バックルはつけたまま両足を通し端を引っ張る。

DSC_9142
2.ウエストの余った生地を前で折りたたむ。

DSC_9148
3.ベルトを締める。

DSC_9162
4.余った生地はベルトの位置で折り返し綺麗に整える。

DSC_9176
ベルトを締める位置やウェストの折り返し方で、いろいろなバリエーションを楽しめるのもこのパンツの面白いポイントです。


サイズについて
太さと長さの違うサイズを各種用意しています。巻いて履くためウェストサイズは変わります。好みのシルエットや使用目的によって選んでいただくことをお勧めしています。

  • S Shortサイズ:W 112cm×H 84cm 重量:330g
  • S サイズ:W 112cm×H 88cm 重量:345g
  • Mサイズ:W 120cm×H 92cm 重量:375g
  • M Longサイズ:W 120cm×H 96cm 重量:390g

【受注アイテム】パンツ

・365 LIGHT ¥22,000+tax
キャンプや軽めのハイキング、普段着など様々なシーンで使うことを考え、質感がよく風合いのあるコットン/ナイロン素材を採用しました。軽やかで薄手ながら、耐久性が高く初期撥水機能のある生地です。履き込んでいくうちにアタリが出て柔らかくなり、コットン特有の風合いが増していきます。
365L_ベージュ 365L_グリーン
365のもう一つの特徴は左右についたポケット。後ろと前ではなくサイドに配置することで、物が入ったままでも動きやすく座りやすくなります。さらに大きなポケットの中に、小さなポケットがあり、用途によって使い分けができます。見た目をシンプルにするため、小さなポケットは大きなポケットの中に隠しています。これらのポケットにより、手ぶらで自由に歩きやすくなります。
DSC_9089DSC_9081


・365 STRETCH ¥22,000+tax
家でくつろぐ服、街にでるときの服、山に行くための服、旅するための服。どんなシーンにも合わせられる一着があればと思っていました。そこで、履くだけで旅へ出たくなる、山へ行きたくなるような、楽で動きやすく飽きのこない服をつくろうと思い立ちました。旅の相棒として365日いつも共にいてもらいたい、そんな思いから365と名付けました。
365_モス_0172 365_ネイビー_0172
アウトドアシーンで使いやすいように、吸汗・速乾性能の高い素材を使用しています。有機溶剤を一切使わない、環境配慮型の加工を施した撥水性の高いテキスタイル。ポリエステル100%で、優れたストレッチ性としなやかな履き心地が特徴です。また洗濯後の乾きがとても速く、ほとんどシワになりません。

IMG_8647


・365 TOUGH ¥20,000+tax

詳細は受注会でお尋ねください。

 

【受注アイテム】バッグ
・196 JOURNEY  ¥32,500+tax~

旅するためのバックパック
たまには計画も立てず気ままに旅をしてみたいー
こんな願いから、旅をしたいと思い立った時に、パッと荷物をつめ込んでサッと背負って出かけられる。そんな場面をイメージした旅のためのバックパックをつくりました。現在世界には196の国があります。その全てを巡るくらい旅をしてほしいという気持ちから、モデル名を196と名付けました。

IMG_7944

旅に出るとき、パッキングに時間をかけてしまうことがありませんか?一般的な縦型のバックパックは、あまり使わないものほど下に入れます。下のものを出すためには、上のものを出す必要があるので、急な場面に困ることもあります。また大型のバックパックになると、小柄な方は奥まで手が届かずパッキングしづらいという問題もありました。

196_M_front_BK196_M_back1
196 JOURNEYの一番の特徴は、横に大きく開く開口部。真上から見ながら荷物を並べていくことができるので、パッキングしやすいだけでなく、ひと目で荷物が見つけやすく取り出しやすい構造です。開口部には持ち手がついているので、荷物が多くて閉まらない場合でも、トートバッグのようにも持つことができます。車に荷物を載せるときや、滞在先などでのちょっとした移動の際に便利です。
サイズ:W30cm×H61cm×D20cm(サイズは巻く回数により変化します) 重量:740g

196_M_inner (1)196_L_0189
・105 PEDAL  ¥32,500+tax~

通勤を旅するバックパック
移動することは旅することー ゆっくり歩くのもいいけれど、自転車ならより早く遠くへ行ける。季節や出会いを感じられる。仕事道具は大きなポケットに全部つめ込んで、いつもより少し遠回りして走ってみよう。通勤はただの移動ではなく、小さな旅にしてしまえば毎日もっと楽しくなる。そんな思いからつくったバックパック「105 PEDAL」。
IMG_8606

自転車通勤は気持ちいいですね。季節を感じられ、新たな出会いもあり、時には気分転換にもなります。近頃はロードバイクや本格的な装備で走る人もよく見かけますが、仕事の荷物は?自転車には駐輪場がありますが、ヘルメットやクリート付のシューズはどうするのでしょう。それなら全て身につけてしまおう、というところから「105 PEDAL」は生まれました。プロダクトのポイントは以下のとおりです。
・ヘルメット、シューズ、仕事道具が全て入る
・自転車に乗りやすく、仕事でも使えるデザイン
・ちょっとしたビジネストリップにも使えるサイズ

105_正面_0034_藍105_背面_0039
2つの大きなフロントポケットは、自転車用のヘルメットやシューズもすっぽり入るサイズ。自転車に乗るための道具と仕事道具を入れる場所を別にするため、本体部分と大きなポケットで3気室の構造にしました。
サイズ:W43cm×H50cm×D20cm 重量:830g
 105_ポケト_0284 105_ポケト_0273

・105 SINGLE  ¥32,500+tax~
詳細は受注会でお尋ねください。

 

【販売アイテム】 少量販売あり。オーダーも承ります。

・ポーチ 270 RAMBLE ¥3,500+tax
荷物は少なく 気持ちは軽く
散歩に出る時に何を持って行きますか?財布、携帯電話、カギ、タオル、上着、サングラス、筆記用具など、ついついたくさん持って行ってしまいます。270 RAMBLEは滞在先でちょっと買い物に行きたい時などに、財布や携帯電話だけ入れて出かけるのにちょうどいいサイズ。たまには気分も荷物も軽くして、ブラブラあてもなく歩くのもいいものです。
270_01-1

・ポーチ 270 SING ¥5,000+tax
・手ぬぐいCAP 364 SUNNY ¥3,500+tax

詳細は受注会でお尋ねください。
TORAYA EQUIPMENTさんの製品は1点ずつ丁寧に作られています。ご注文を頂いてから約半年お待ちいただく事になります。お手元に届いた後には長くお付き合いいただけると思いますので楽しみにお待ちくださいね。
makerimg

【CLAMPのたびじたく】
「welldone NAGOYA」さんと「TORAYA EQUIPMENT」さんにお越しいただくスペシャルな2日間。旅にでたくなるようなバッグとパンツの受注会です。
受注受付時間:4/13(土)13:00~20:00 14(日)12:00~20:00
※TORAYA EQUIPMENT さんのみ12(金)16:00~20:00にもお越しいただけることになりました。

ADAED498-B08E-4034-8460-D3C631BDD85C

アイテムによって納期は異なりますが1点1点丁寧に作られた商品はお待ちいただく分、手にした時の嬉しさもひとしお。
作り手の方とお話しできる機会があるのも嬉しいですし、自分の好みに合ったものをオーダーして作ってもらうと愛着がわきますね。
「CLAMPのたびじたく」素敵なお二人に会いにぜひご来店ください。

イベント詳細はこちらから
http://clamp-bike.com/?p=7553