【2019街乗り自転車おすすめモデル5台】

2月になり春も近づき、自転車に乗るのが気持ちいいい季節までもう少し。
今回は数ある自転車の中から、通勤・通学になど街乗りにおすすめの2019モデル、5台をご紹介します。

 

まずはGIANTのESCAPE R3。同価格帯の中では、パーツスペック・軽快性・耐久性・軽さ・どれを取ってもトップクラス。もはや説明不要の国内クロスバイクのスタンダードであり、ベンチマーク的なモデル。

R0946854
モデル:GIANT/ESCAPE RS
価格:¥52,000(税抜)
重量:10.7kg(Sサイズ)
フレーム:アルミ
フォーク:クロモリ
タイヤ:700×28C
変速:3×8(SHIMANO front/Tourney rear/ALTUS)
サイズ:XS/S/M
カラー:オーシャングリーン/マンゴー/ブルー/ホワイト/ブラックトーン

 

2019で復活したSCOTTのクロスバイク「SUB CROSS J2」。ディスクブレーキ搭載ながら定価で¥60,000を切る価格を実現したハイバリューモデル。SCOTT特有の気持ちいい加速感が味わえる「よく進むバイク」かつ、クロスバイク専用設計と35Cのタイヤで快適な乗り心地。油圧ディスクブレーキ搭載の上位モデル「SUB CROSS J1」もラインナップされています。

R0946859
モデル:SCOTT/SUB CROSS J2
価格:¥58,000(税抜)
重量:———–
フレーム:アルミ
フォーク:スチール
タイヤ:700×35C
変速:3×8(SHIMANO front/Tourney rear/ALTUS)
サイズ:S/M/L
カラー:グロスホワイト/グロスブラック

 

老舗のイタリアンブランドBianchiに2019新たにラインナップされた「C・Sport1」。Bianchiのイメージカラー「チェレステ」が印象的なクロスバイク。フォークもアルミ製でキビキビとした走り、ワイヤー類が内装化され見た目もスマートに。カラーは他にマットブラックとアイボリーの全3色。
R0947249
モデル:Bianchi/C・Sport1
価格:¥59,800(税抜)
重量:———–
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
タイヤ:700×35C
変速:3×8(SHIMANO front/Tourney rear/Acera)
サイズ:43/47/51/55
カラー:Matt CK16/Ivory/Matte Black

 

 

アメリカ、カリフォルニア発祥のシンプルながら高いデザイン性と機能性を持つバイクを作る総合バイクブランド「MARIN」のクロスバイク「FAIREFAX SE」。センタースタンドが標準装備され、街乗り向けに設計された日本限定モデル。HIP LOK Z LOK SINGLE(カギ)が付属するのもうれしいポイント。R0947253
モデル:MARIN/FAIRFAX SE
価格:¥49,000(税抜)
重量:11.6kg
フレーム:アルミ
フォーク:クロモリ
タイヤ:700×35C
変速:3×7(SHIMANO Tourney)
サイズ:15/17/19
カラー:ブラック/ホワイト/ブルー/マットオリーブ/BLKG.I.DARK
付属品:バイクスタンド/MARIN非売品コットンバック/HIPLOK Z LOK SINGLE

 

 

同じくMARINの「NICASIO SE」。街乗りからダート道、ツーリングや旅までアレンジ次第で様々な用途にお使いいただけ、ドロップハンドルいもカスタム可能と、まさにマルチパーパスバイク。詳細はこちらをご覧ください。

R0947268
モデル:MARIN/NICASIO SE
価格:¥75,000(税抜)
重量:13.1kg
フレーム:クロモリ
フォーク:クロモリ
タイヤ:650B×47mm
変速:2×8(SHIMANO Claris)
サイズ:50/52/54/
カラー:M.BLACK/M.OLIVE/M.GREY/M.NAVY
付属品:バイクスタンド/MARIN非売品コットンバック/HIPLOK Z LOK SINGLE

 

たくさん種類が有りすぎて、どれを選んだらいいか悩ましい自転車。あれこれ悩んだり、色々調べて比較するのも楽しいのですが、それにはそれなりの時間と労力が必要にもなります。そこをわかりやすくご説明したりお手伝いするのが、お店の役割の一つだと思っていますので、まずはご来店いただきお気軽にご相談ください。その際、自転車を買ったら何をしたいか、どんな使い方をするか、どこまで行きたいか、全体のご予算など具体的なイメージをお話いただけるとより用途にあった自転車をご案内できるかと思います。
楽しい自転車生活を是非!ご来店お待ちしております。