【SMITH】2019 ヘルメット入荷!

ウインタースポーツ用のアイウェアに端を発し、近年では自転車の分野にも進出しエアロコアやkoroyd(コロイド)構造など、革新的な技術を用いたサイクル用ヘルメットの開発も行っている【SMITH】。そんなSMITHのヘルメット、2019モデルが入荷しました。

Forefront 2
IMG_1561IMG_1562

オフロード向けヘルメットのフラッグシップモデルForefrontが、Forefront 2となり各部がアップデートされて入荷です。今回の2はコロイドの範囲を後頭にも配し保護範囲が拡大され、衝撃に対するプロテクション機能がより向上しています。中心部の大きくあいたベントホールが、ヘルメットへの風の流れをより良くし内部の温度の放出性を高め、ベンレーション機能も向上しています。
IMG_1566IMG_1565

バイザーは3段階で角度調整も可能で、ゴーグルやサングラスの装着を前提とした形状は、外した際の収納も考慮されたアイウェアも作るSMITHならではのデザインです。

IMG_1573IMG_1572IMG_1571

そして今回の2より全てのカラーにMIPSが搭載されました。
IMG_1570

【MIPS】ミップステクノロジーとは
「多方向衝撃保護システム」MIPSは多方向からの衝撃を分散させることにより脳へのダメージを軽減させるテクノロジー。斜め方向からの衝撃に対して外部のシェルと内部のライナーが微量に可動し脳へのダメージを分散させ軽減します。

 

Session
IMG_1576IMG_1578

オフロード向けヘルメットのミドルグレードSession。激しいエンデューロレースからトレイルライドもOKな、プロテクションとベンチレーションがバランス良くデザインされた万能なヘルメットです。山での使用はもちろんですが、スッキリとした形状はツーリングなど街でも使えるスタイルです。

 

Forefront 2と比較するとコロイドの面積は少なくなっていますがその分、前部から後部にかけて通気口が大きく配され頭部が蒸れにくく、重量も軽量になっているので、自走で山を登ることが多い方はこちらのモデルもおススメです。SessionもMIPS搭載となっています。バイザーは同じく3段階で角度調整可能、ゴーグルやサングラスの装着・収納が可能となっています。

 

IMG_1583IMG_1577IMG_1580

 

 

 

Venture
IMG_1585IMG_1586

コロイド構造やMIPS、バイザーの角度調整機能などを排することで、価格と重量を抑えたMTB用パフォーマンスモデル。コロイドがない分、被りが深く安心感のある装着感です。

自転車を購入する際には、自転車以外にも必要になるものがいくつか有り、予算のやりくりも悩ましいところ。Ventureは、しっかりしたプロテクションと通気の良さ、ゆるみにくくしっかりしたクリック感のダイヤル、サイズ調整幅の大きいべーパーフィットシステムと上位モデル譲りの高機能。クリーンな見た目はどんな自転車とも相性が良く、初めてのMTB購入をご検討中の方にあわせておススメしたいヘルメットです。

 

IMG_1588IMG_1590IMG_1589

 

Network

IMG_1597IMG_1599 IMG_1600

取り外し可能なバイザーが付き、平日の通勤から週末のライド、オンロードからグラベル・オフロードまで一つでどんなシーンやスタイルに柔軟に対応できる多彩な表情を持ったヘルメット。

対落車衝撃に重要なサイドにコロイドを配し、MIPSも搭載。中央部は通気性を持たせ、空気の流れを考慮した形状はアイウェアの曇りやヘルメット内の蒸れを減らし、快適なライドを約束してくれます。Networkもサングラス収納可能なスリットが付いています。

IMG_1602IMG_1601

 

自転車を乗る際、頭を守るうえで大切なヘルメット。自転車選びと同じように、頭にしっかりフィットしたモデル・サイズを選ぶことが重要です。比較的、日本人の頭にもフィットしやすいSMITHのヘルメット、アジャスターの位置を段階的に調整できるシステムと、厚みの異なる2種類のインナーパッドが付属することで、さらに細かいフィッティングが可能になっています。各モデルを被り比べていただき、最適な一つをお選びください。

IMG_1604IMG_1591IMG_1593
本来は実際に被ってフィット感やサイズを確認していただきたいヘルメットですが、SMITHのアイテムは当店ONLINE SHOPでも取扱いしておりますので、遠方の方はこちらからご覧ください。
SMITH→