【KONA2019】『UNIT』自由にシンプルに。UNIT Xとの違いも比べてみました!

まだまだ続くKONAの入荷!今日はシングルスピード・フルリジットのセミファットバイク「UNIT」のご紹介。

2019 KONA UNIT ¥111,000(税抜)
IMG_9827

シングルスピード(変速なし)の特徴としては、付いている部品が少ないので変速付きと比べると軽量で、複雑な機構が付いていないのでシンプルで壊れる箇所が少なくトレイルや出先でのトラブルが少ない、元々がシンプルなのでカスタムしやすい、などがあげられます。

IMG_9838

もちろん変速が付いていないのでどこへいくにも同じギア、漕げば進むし漕がないと進まない、自転車との一体感をより感じられるのもシングルスピードのおもしろさ。IMG_9840

UNIT Xと同じくクロモリフレームとワイドな27.5+タイヤで乗り心地良く、フレーム各所に付いたダボ穴はキャリアや大型のケージも装着でき、様々なパッキングスタイルに対応可能です。
UNITはノーマルでは27.5×2.8が付いていますが29inchにも対応しており、部品を数点付け替えれば変速を付けることも可能です。金額の目安としましては10段で¥18,000~、11段で¥26,000~ ほどで可能です。

街乗りでの日常使いから、バイクパッキングやトレイルライド。シンプルにそのまま乗るもよし、変速を付ける・タイヤの径を大きくする・などアレンジは自由自在です。

 

「UNIT X」と「UNIT」の違いは?
1枚目がUNIT X、2枚目がUNIT。フレームカラーはUNIT Xがマットグレー、UNITがマットグリーン。IMG_9640IMG_9827

各所のダボや可変式のエンド、内装式のドロッパーポストに対応とフレームの作りは全て同じ。

IMG_9644IMG_9835

ハンドル周り、UNITには変速のレバーとワイヤーが付いていないのでよりシンプルな見た目に。
IMG_9650IMG_9829
ブレーキはUNIT XがSRAMのLevel Tなのに対し、UNITがTEKTROのブレーキ。タッチの好みはあるかもしれませんが、どちらも油圧式で安定感のあるブレーキ。
IMG_9648IMG_9841
 ギアの組み合わせはUNIT Xがフロント28tでリアは11-42tの11速、コンポーネントはSRAM NX。UNITはフロント32tにリアが18tのシングルスピード。IMG_9645
IMG_9837
他のパーツはほぼ共通で、タイヤは WTBのRanger TCS、リムはWTBのST i35 TCSとチューブレスレディ対応。ハンドル周り、サドル周りも同じ部品構成。大きな違いとしては、変速の有無とブレーキの構成となります。
なので、変速は付けたいけどフレームカラーがグリーンがいい!という方や、ディレイラー関係のパーツがあまっていてそれを流用したい、長期のツーリングや山の奥まで入るなどで極力マシントラブルを避けたい、とにかく乗り出しの費用を抑えたい、という方はUNITを選択するのも有りではないでしょうか。
IMG_9833IMG_9832
KONAのUNIT、UNIT Xともに次の入荷予定は6月、新しい元号に切り替わった後となりそうです!
CLAMPでは、12/13時点で「UNIT」のS・Mと「UNIT X」のS・Mを若干数ではありますが確保しておりますので、UNITの購入をご検討中の方はご相談ください!